読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささやかなブログ

写真を撮るのが好きな青年の日記。Canon EOS 6D Nikon F3HP FM10 FUJIFILM X-M1を愛用。

子育ての大変さに今更気づく。

 

ども。

 

長らく更新していませんでしたね。

 

言い訳をさせてもらいますと2月2日から9日まで母が用事のため韓国へ行きその間私が母親の代わりになって料理や家事等を行っておりました。

 

 

それなりにキツいのですが家事も少し慣れるとなんとかなりました。

 

 

料理は3日に一度は鍋料理を作る事で手間を省きました。鍋料理は偉大ですね。

 

 

 

問題は妹の世話でした。

 

 

12歳年下の妹とはいえもう9歳。ある程度の事は自分で出来る年と思いそう難しい事は無いだろうと思いましたが実は一番大変でした。

 

 

というのもこの年になると多感で繊細で例えば父とは仲が悪いわけではないのですがあまり多く会話をしません。お互い嫌ってるわけでもないし父はおしゃべりな人でもないので自然な感じでいるのですが妹は仲が悪いと思ったらしく夜中に僕の寝室へ来て「パパと仲直りしてね」と泣きながら言いに来た事がありました。

 

 

びっくりしたと同時に物凄く悪い事をしてしまったと感じました。とりあえず仲が悪いわけではない事を話して謝りましたがほんとうに些細な事にも反応するのだなと感じました。

 

 

また、無意識に妹を傷つけているのではないかと思いその後は父にも妹にも自分なりに積極的に話す事を心がけました。おかげで前より父も話しかけるようになり9日までの3人の生活は割といい感じでした。

 

 

あとは「一人で明日の図工の材料買いにいく」と言うのですが心配になり一緒について行ったりしてと今まで以上に心配性になってしまいました。

 

 

 

一度家の窓から妹がスーパーへいく姿を見る事があったのですが歩く姿が弱々しく感じて見てられませんでした。

 

 

今回の出来事で子育ては非常に難しく大変なのだと今更気づきました。特に妹はしっかりした子なので大して手がかからないだろうと思っていましたがそうじゃない事もわかりました。

 

 

あと自分は子育てに向かない人間だなと感じました。と、いうのも妹のことが好きだと告白した男の子が居たらしくその事について相談されたときその男の子の事を考えると妙に苛ついていた自分が居ました。

 

 

妹の事を好いてくれる人が居るという事は非常に喜ばしい事なのに...

 

何処の馬の骨だちくしょう!と一人で苛ついていました。ごめんなさい。

 

 

 

とりあえず、なかなか濃厚な一週間を過ごしました。

 

 

ではまた!