読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささやかなブログ

写真を撮るのが好きな青年の日記。Canon EOS 6D Nikon F3HP FM10 FUJIFILM X-M1を愛用。

幽霊かと思った出来事。

 

ども。

 

 

 

普段生活していて紛らわしい事って

 

 

 

 

ありますよね〜

 

 

 

 

例えばスーパーなどで見る「カロリーオフ!」とかの表示。

 

 

 

 

あれって別にカロリー0ではなく少ないですがカロリーはあるんですよね。

 

 

 

 

昔女の子に「あれカロリーあるからね」と言った所その子ダイエットに必死だったのだが、ショックを受けてその日暴飲暴食したエピソードがあるくらいです。

 

 

 

 

 

そんな感じで普段何気ない所でなんだか紛らわしい事ってあるのですが

 

 

 

 

この前ホントに紛らわしい事がありました。

 

 

 

 

先月父は僕が知らない間に二度韓国へ出張したみたいなのだが、自前に連絡をしておらず

 

 

 

 

 

僕は父がここへ来た事も知らなかったのですが

 

 

 

 

 

 

 

この前の末っ子の妹がたまに母のIDのカカオトークでたまにチャットを送るのですが、この前連絡がありまして

 

 

 

 

 

 

「パパ今度検査だって健康診断だって」と連絡が来ました。

 

 

 

 

 

 

 

僕「あぁ、パパ痛い所とか悪い所が無いかみつけるんだよ」ときました。

 

 

 

 

 

 

数日後「パパ病院に行った」と連絡がきました。

 

 

 

 

 

僕「なにもないといいね!」と送りました。

 

 

 

 

 

また数日後「パパまたいくって。」と来たので病院の事だと思い「そうか。またなんだね」と送りました。

 

 

 

 

 

 

 

するとその日の午後「パパいった。いっちゃった。バイバイ」と連絡が来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は二日後にきた「パパいった」で二度も検査するのかと思いなんとなく不安だったのですが

 

 

 

 

 

 

 

この時送られた「パパいった。いっちゃった。バイバイ」というチャットになんか変なキャラが泣いているスタンプ付きで来たので

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか「いった」って「逝った」のことか!?

 

 

「バイバイ」ってこの世からバイバイしたってことか!?

 

 

 

 

 

..........

 

 

 

 

非常に困惑してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

なんせ親父高血圧で数年前から薬で治療をしているのですが仕事は忙しくなるばかりなので最近家で良く寝てると聞いたので無理が祟って亡くなったのかと思い

 

 

 

 

 

 

 

親父...親孝行も出来ないでごめん」と悔やみながら家でオロオロしていたら

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンポーンと誰かが訪ねて来たので「こんなときに誰や!」と泣きそうな顔で出たら

 

 

 

 

 

 

 

まさかの親父登場で「えええええええ」とびっくりしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

というのも妹は「またいった」とは出張の事を言っており

 

 

 

 

 

 

バイバイとは見送りをしたそうで...

 

 

 

 

 

 

 

結果親父ピンピンだし。

 

 

 

 

 

 

俺物凄い脂汗かいて顔泣きそうになってるし

 

 

 

 

 

 

親父「驚かせるつもりはなかったんだけどなぁ」となんかちょっと笑いながら照れてるし。

 

 

 

 

 

 

照れてんじゃねーよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は冷静に対応して「おぉ...親父来たのか...。大変だったでしょ...」と冷静に対応。

 

 

 

 

 

 

 

 

幸い親父には何も疑われず終わりました。

 

 

 

 

 

 

あの時の冷静さは賢者タイムの比じゃなかったです。

 

 

 

 

皆さんも何があっても冷静に対応してください。

 

 

 

 

冷静さを失うと場合によっては親父を幽霊だと勘違いしてしまうかもですよ。

 

 

 

 

 

そして今回の出来事で「親孝行しよう」と固い決意が生まれました。

 

 

 

何をするかはこれから考えようと思います。

 

 

 

ではまた!